ドローン市場の可能性

気になるドローン市場とは?

現在、急速に成長しているドローン市場。ドローンを使った仕事をやってみたいけど、どんなことができるのだろう?と考えている方も多いはず。

実際にドローンで行えるサービスは60業種以上あり、市場規模は増加の一途をたどっています。技術の進歩とともに、これからさらにその種類も増えていくと考えられます。

”2017年度の日本国内のドローンビジネスの市場規模は503億円とされ、2016年度の353億円から150億円増加しています(前年比42%増)

2018年度には前年比71%増の860億円に拡大し、2024年度には3,711億円(2017年度の約7倍)に達すると見込まれます。

分野別に見ると、2017年度は機体市場が210億円(41.7%)と最も高く、サービス市場が155億円(30.8%)、周辺サービス市場が138億円(27.4%)と続きます。

各市場とも今後も拡大が見込まれており、2024年度においては、サービス市場が2,530億円(2017年度の約16倍)と最も高くなり、機体市場が730億円(2017年度の約3.5倍)、周辺サービス市場が451億円(2017年度の約3.3倍)に達する見込みです。”                  

出典:インプレス総合研究所

現在のドローンは技術革新により、自動航行やGPSを使用した安定的な飛行が可能となっていますが、強風で機体が流されたり、故障などのトラブルで通常の飛行が困難になった場合、それを手動飛行でコントロールできる技術が必要となります。

札幌篠路ドローンスクールでは、下記に代表される実際の業務において活用できる基本的な技術やトラブル時の対処方法を学ぶことができます。

ドローンサービス一覧

農 林 水 産・・・農薬・肥料散布、農作物管理、害獣調査・駆除、魚群探査

調査・管理・リフォーム・・・マンション、アパート、工場、倉庫、土木測量、火災保険

警備・監視・・・海上・沿岸警備、イベント監視、ビル・工場警備、建設現場、交通監視

災 害 対 策・・・洪水・津波監視、森林監視、火山監視、地震監視、復興作業

捜索・救助・・・水難者の捜索・救助、山岳遭難者の捜索・救助、徘徊老人の捜索・救助

巡視・点検・・・河川、ダム、海岸堤防、高速道路、鉄塔、送電線、化学コンビナート、造船所、高炉、原子力発電所、太陽光発電所、風力発電所、橋梁、トンネル

危険区域作業・・・発電所の事故対応、工場内作業、工場現場作業、災害現場作業、火災現場作業、高層ビル外壁作業

測量・観測・・・空間情報、地図情報収集、交通量計測、大気観測、海洋観測、生態系観測、環境モニタリング

映画・エンターテイメント・・・映画、TV番組、ニュース報道、スポーツ、イベント、コンサート、プロモーションビデオ、記録撮影

輸送・物流・・・宅配輸送、緊急物資輸送、孤立集落への物資輸送

そ の 他 ・・・広告、宣伝、アトラクション、教育、ホビー、ドローンレースなど