当スクールの特徴

札幌篠路ドローンスクール(SSDS)は、少人数制(定員4名)でしっかり受講生をフォロー、安全な知識と高度な技能が身に付きます。少人数開催のこだわりは、参加者お一人お一人に参加目的をお聞きして、その目的に合わせて丁寧にご指導致します。

飛行実技は講師1人で受講生2人を担当。SSDSでは1人当たりの飛行実技の時間を多くとることで、確実な技能の向上に努めていきます。待ち時間もフライトシミュレーターでの飛行訓練を行いますので時間の無駄がありません。

安い、早いのオモチャのスクールとは違い、国土交通省航空局の申請方法や飛行実技は広大なドローン専用フィールド(広さ1.6ha)で、危険回避や自動航行など実際の実務での飛行を想定して訓練します。(JUIDA公認4日間コース) 

また女性受講生にも配慮した清潔な教育環境となっており、各日の昼食お弁当・お茶付きです。

当別名物から揚げ弁当

座学と屋内実技は札幌篠路自動車学校施設内、屋外実技は北海道ドローン協会のドローン専用練習場で行います。

講師は自動車学校の教習指導員・検定員も兼務しており、初心運転者教育のノウハウを生かし、初めての方にもわかりやすく 『安全に正しく、そして楽しく!』 をモットーにドローン操縦士並びに安全運航管理者の育成に取り組んでおります。

4日連続講習が基本ですが、『土日しか通えない!』 という方や企業研修等で日程の調整が必要という方にはカスタマイズを行います。

市内近郊の方は無料送迎バスをご利用いただけます。送迎エリアについてはお問い合わせください。

ドローンは最新のIT機器であり、スマートフォンを使えることが必須となります。スマートフォンを使えない方はお断りというスクールもありますが、当校ではスマートフォンを使ったことが無い方でも使い方の説明から行います。(その場合、講習前に事前のスマートフォン講習を行います。)また、当校指定の携帯電話ショップから新規にスマートフォンを契約される方には、スマートフォンの設定からサポートさせていただきます。

当スクールの卒業生は、アフターレッスンで座学や実技の無料利用ができます。(※日程指定)